商品一覧

写真 商品名 売価(税込) 在庫数 注文
リピトールジェネリック10mg150錠 1箱   
リピトールジェネリック10mg150錠 1箱


4,070円
セット数:
リピトールジェネリック20mg150錠 1箱   
リピトールジェネリック20mg150錠 1箱


6,800円
セット数:

ジェネリック・リピトール

血液中のコレステロールを減らすためのお薬です。生活習慣病の改善に効果的な治療薬となり、動脈硬化などのリスクを低減させることが可能になります。

特徴について

リピート・ジェネリックは、スタチン系のコレステロール低下薬です。「HMG-CoA還元酵素阻害薬」とも呼ばれており、これらの系統はコレステロール低下作用が強く、効果も確実とされています。 特に高コレステロール血症の治療に用いられるお薬として知られており、世界中で活用されています。 また、このお薬は強力であることから、コレステロールの低下だけではなく、中性脂肪も低下させる特徴を持っています。総コレステロール値は約30%低下させることが可能と言われており、逆に善玉コレステロール(HDL)は上昇させる働きがあります。 リピート・ジェネリックは臨床試験も数多く実施されており、命に関わるような重大な病気のリスクを予防できる効果もあるとされています。具体的に高脂血症の患者に用いた場合、心筋梗塞のリスクを約30%も低下させられることがわかっています。 特に心筋梗塞のリスクが高い人やすでに発症している方、狭心症を発症している方、高血圧や糖尿病のある人に有効性が高いと言われています。

商品詳細

【成分】
アトルバスタチン

効能に関する説明

このお薬は高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症に効果があります。 高コレステロール血症は、血液中のコレステロールが多すぎる状態のことを言います。自覚症状がないこともあり、長年放置し続けることで動脈硬化が進む特徴があります。 予防をしていない場合は、将来的に狭心症や心筋梗塞など重大な病気の原因にもなりかねません。
しかし、このお薬を服用することで血液中のコレステロールを低下させる働きがあるため、将来的に起こりうる可能性の高い心筋梗塞などのリスクを最小限に抑えることが可能です。 そもそも心筋梗塞の原因にはプラークが関係しており、これが血管に詰まることで発症することが多いです。 このお薬でコレステロールをしっかりと下げることによって、心筋梗塞の原因にもなるプラークを安定させ、破れにくくなります。このような効果により、 心筋梗塞などの病気の発症を防ぐことが可能になるのです。 また、すでに心筋梗塞を引き起こしたことがある方でも、再発がしにくくなる効果もあるため、再発防止として服用するのも効果的です。

使用方法に関する説明

用法に関しては、どのような症状を患っているかによっても異なります。 高コレステロール血症の方は、通常成人はアトルバスタチンとして10mgを1日1回服用します。年齢などによっても異なりますが、重症のケースでは最大1日20mgまで増量することも可能です。 家族性高コレステロール血症の場合は、通常成人はアトルバスタチンとして10mgを1日1回服用します。こちらも年齢や症状によって異なりますが、重症のケースでは最大1日40mgまで増量可能です。 また、コレステロールの生合成は夜間に亢進するため、夕食後の服用が好ましいといわれています。 お薬の服用に関しては個人の判断で行うことはせず、必ず医師の指示に従って服用してください。

注意事項に関する説明

持病やアレルギー持ちの方は事前に医師へ伝える必要があります。また、別に服用しているお薬がある場合も医師に伝えておきましょう。 飲み合わせによっては副作用が出やすくなる可能性があります。 注意する人としては、重い肝臓病を患っている方や、腎臓病を患っている方です。肝臓病や腎臓病を患っていると、症状が悪化することや副作用が出やすく なることがあります。また、そのほかにも甲状腺機能低下症や、酒量の多い方、高齢者は注意が必要なケースとなっているため、個人の判断で服用することは避けましょう。 このお薬には、飲み合わせが悪いお薬や食べ合わせに注意しなければならないこともあります。 飲み合わせの悪いお薬としては下記の項目があげられるので、事前に確認してみてください。
  • グレカプレビル
  • ピブレンタスビル
また、飲み合わせに注意したいお薬は下記のとおりです。
  • ベザフィブラート
  • ニコチン酸
  • シクロスポリン
  • イトラコナゾール
  • エリスロマイシン
  • クラリスロマイシン
  • グラゾプレビル
  • リファンピシンなど
そのほかにも食べ合わせの悪いものも存在しており、特にグレープフルーツジュースは控えることが大切です。理由としては、このお薬の血中濃度が上昇する 恐れがあるからです。また、飲酒もほどほどにする必要があるため、大量に飲むことがないように注意しましょう。

副作用

このお薬は重度の副作用はめったにないと言われていますが、お薬である以上副作用の発生リスクはあるので注意しましょう。 まず、比較的よく見られる副作用は下記のとおりです。
  • 肝機能値の異常
  • 胃腸症状(胃の不快感、吐き気、下痢、腹痛)
  • 頭痛
  • 不眠
  • 指のしびれ
  • 発疹やかゆみ
続いて、めったに見られないとされていますが、重い副作用が発生することも稀にあるため紹介します。
  • 肝臓の障害
  • 横紋筋融解症
  • 重い過敏症
  • 重い血液成分の異常
  • 重い皮膚、粘膜障害
  • 間質性肺炎
特にこの中でも注意したい副作用としては、横紋筋融解症です。めったに発症しない副作用と言われていますが、高齢者や腎臓が悪い方は注意が必要となります。初期症状としてはふくらはぎなどに筋肉痛の症状があらわれることがあるため、服用してこれらの症状が出た場合にはただちに医師に相談してください。 また、軽い副作用の腹痛や吐き気などの症状が出た場合も、すぐに治まる場合は問題ありませんが、長期的に続くようなケースではただちに医師に相談してください。 ※海外から通販でお買い求めた医薬品の販売は法律で固く禁止されております。
※個人輸入については始めに医師の診察を受けることを強くお勧めします。

<ご注意下さい>

配達員が郵便物を配達に伺った際に、ご不在の場合は、ポストに不在通知が投函されます。
保管期限内に郵便局に連絡を行わず返送されるケースが稀に見受けられます。
保管期限切れにより海外に返送された場合は、弊社保証対象外となりますので予めご了承ください。