商品一覧

写真 商品名 売価(税込) 在庫数 注文
ファビピラビル200mg 100錠   
ファビピラビル200mg 100錠


17,780円
セット数:
ファビピラビル400mg 50錠   
ファビピラビル400mg 50錠


13,780円
セット数:
ファビピラビル400mg 100錠   
ファビピラビル400mg 100錠


23,850円
セット数:

アビガン・ジェネリック

ファビピラビル錠はアビガンのジェネリック薬になります。

使用期限2023年11月

アビガンとは

アビガンは富士フイルム富山化学が開発した再興型インフルエンザウイルスの治療薬です。世界各地で猛威を
振るっている新型コロナウイルス治療薬として期待されています。
その有効性から中国やイタリア、インドなどの様々な国で臨床試験が行われている状態です。日本でも
研究・臨床試験が進められてきましたが承認はされませんでした。

ファビピラビル錠の特徴

ウイルス増殖の抑制を行い、インフルエンザの時と同様に症状改善の効果が期待できると
注目を集めている医薬品です。実際に海外で行われている臨床試験の結果・承認状況は下記のようになっています。
  • イタリア:実験的に使用を承認
  • ロシア:臨床試験の第一段階では効果があると証明され、ジェネリック医薬品として承認
  • 中国:臨床試験で明らかな効果があったと証明。ジェネリック医薬品として承認
  • インド:新型コロナウィルス感染症の中でも、軽度から中度の治療に対し、ジェネリック医薬品として承認
インフルエンザの治療薬として処方されることはありますが、COVID-19の治療薬として処方されることはできません。
そのため海外から個人輸入で入手する必要があります。

使用方法に関する説明

使用方法は、日数によって処方が異なり、1日目と2日目〜5日目で異なります。
200mgと800mgがありますが、成人の場合は1日目は1回1600mgを1日2回。2日目〜5日目は1回600mgを
1日2回服用するようにしましょう。
服用期間に関しては5日までとなっているため、服用のし過ぎには注意をしてください。

副作用に関する説明

重大な副作用では急に走り出したり、徘徊をしたりといった異常行動を取ってしまう例がありますが、
因果関係については不明です。

他の副作用では下記のような例が挙げられます。
  • 劇症肝炎・肝機能障害
  • 急性腎障害
  • アナフィラキシーショック
  • 出血性大腸炎
  • 精神神経症状
他にも、過敏症や肝臓・消化器系・血液に影響が出る可能性があるため、以上を少しでも感じた際には服用を止め、
かかりつけの病院にて診断をしてもらうようにしましょう。

注意事項に関する説明

服用してはいけない人は下記に該当する人です。
  • 痛風や痛風の既往歴のある方
  • 高齢者
  • 妊婦・産婦・授乳婦等
  • 小児等
  • 基礎疾患を持っている人
服用量を超えてしまうと副作用が出やすいとともに、精神的に影響が出てしまうため、
気を付けるようにしましょう。

成分

ファビピラビル 200mg,400mg (Favipiravir)

製造メーカ

Cyno Pharmaceuticals Ltd.

※海外から通販でお買い求めた医薬品の販売は法律で固く禁止されております。
※個人輸入については始めに医師の診察を受けることを強くお勧めします。

<ご注意下さい>

配達員が郵便物を配達に伺った際に、ご不在の場合は、ポストに不在通知が投函されます。
保管期限内に郵便局に連絡を行わず返送されるケースが稀に見受けられます。
保管期限切れにより海外に返送された場合は、弊社保証対象外となりますので予めご了承ください。